読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子孫を訪ねたけれども

今調べている人物の叔父の子孫が、一つ隣の町にいるはずという情報を受けて、午後から探したところが不在、隣の方に名刺を託して、然るべき連絡をお願いする。途中、「大きな木」に立ち寄る。奥様がいらして、亡きご主人の書籍を整理しているのだとか。もうすこし長くても良かったご生涯、惜しまれる。あれこれと故人をお聞きし、つい長居し、近くの小売店に立ち寄り、16時帰宅。