この雨では……

16日午前中、庭の立ち枯れ整理。大きなオリエンタル系の白いユリが立派な蕾を12個。あすは咲くだろうと思った。午後は2時間、近所のT子さんとミニ買い物。2日間外に出ていなかったようだ。5時帰宅。調査書を取りに訪問活動。主人が収穫した野菜の整理に夕食後2時間ばかりかかった。湯がいて冷凍。

 

きょうは、地域で写真を撮る方があり、休みの取れない娘さんに代わって同席。時間通りに写真屋さんが来てくれる。93歳の方。ほんとうに善良な方だ。これも民生活動だが、写真をお勧めしてほんとうによかった。このような写真館のボランティアに感動。

他4件を訪問活動。

資料の読み込みをせねばと焦りの想い。図書館へ行くのがいちばん集中できるのだけれども、この雨では……

張り切って料理

 14日は、15日のための食材買い出し。5時からは、韓国の詩人がいらっしゃるというので、近所のMさんとともに、ぼくらの理由へ。お嬢さんもいらしていた。ともに牧師。出席者が意外に少なく、参加してよかったかなと。彼女が、「あなたが行ってよかったとおもうよ」と言ってくれた。帰宅8時少し過ぎ。彼女は我が家の駐車場で降りたのだが、自宅を回ってあげればよかった。つきあってくれてありがとう!

 9時過ぎてはいたが、あす持っていく料理の下ごしらえ。11時半就寝。

 

きょう日曜は特伝。朝4時起きで準備。料理5品持参。午前宮古よりOさん親娘、午後にはN町のSさんが来会。帰宅4時過ぎ。

宣教師たちはあす岩手山登山。

 

午後コンタクトレンズが届いていることを、息子に連絡。外出中だったもよう。明るくまじめにやってくれている。

 

民生の訪問活動

13日金、やっとゴミ集積所に30日の注意書きを出す。

朝のうちに外回りを掃除。

地域の訪問活動。

午後2時ごろに、日曜日に来るかたへのお土産を買いにDPへ。

夕食後、昼に行ってもいない方々を3軒、夜7時すぎない前に訪問。書類の記入をお願いする。

つんとくるもの

火曜日に送信した原稿の最後、「聞く」は「耳を傾ける」の方がよかったと思うが、訂正を出したくないのでそのままでいいことに。

 

水曜日、教会のY姉妹が休みが取れていないというので、お祈り会に行く。朝一番8時半に市役所から電話があり、民生の件が一つ解決、安心して教会へ。

帰り入院している友達の家の様子を見る。私が彼女の庭に植えておいたカサブランカが、蕾をたくさんつけていた。荒れているという感じはない。ノウゼンカズラ、竹、などが目に入った。もうすこし早ければ花がさいていることを報告できただろう。

12時半には帰宅。2時近くまで待って昼食を出す。4時ごろ、主人が珍しく今朝わたしが言っていた、タイムスにも載っていたアジサイを見に行こうと。見事なあかざわのアジサイロードだった。帰りの夕景が美しかった。6時帰宅。

 

きょう12日(木)、なんだか、曜日を入れないと、ぴっと来ない感じ。

朝から、訪問活動。11時には近所のお二人とランチ。お孫さんの話題多し。霧雨に当たったが、何と、4時帰宅となった。すぐに地区の訪問活動再開。順調に進み、6時終了。災害がもう身近に。やはり、災害関係のことは、ぎっちりとやっておく必要あり。もう8時15分過ぎてしまった。何か胸につんと来るものを感じながらキーを打っている。

 

 

 

 

 

 

 

申し訳なし

8日、教会、奉仕で一日暮れる。ちょっと体力が厳しくて、みなさんの作業を見ていた感じで申し訳なし。

 

9日、原稿を書かなくちゃ、で、賢治にちょこっと触れて書く。終始家にいたが、夕方息抜きしたくなり、車で近くのTさんと買い物。6時帰宅だったかな。

 

きょうは、民生関係の仕事。保証人の相談あり。原稿は今日中に格好がつきそう。

プロット

午前、主人を文学の会の会合に送る。

そのあと午後から持参する原稿印刷。PCトラブルがあったが解決、何とか出発に間に合わせる。

帰りは姉に立ち寄る。1時間弱。きょうは伯母の100か日だそうな。これが上田の叔母の誕生日であるらしい。

夕6時帰宅。

ピンチはチャンス

きのうは備忘録を書けないでしまった。

5日、午前、ちょっと草取りだったろうか。これは精神安定剤のようなものでもある。それから午前中は民生の訪問の仕事。

午後は、3時10分に間に合ってS中学校の地域懇談会。帰りはスーパー、R亭に立ち寄り、5時ごろに帰宅したかと思う。夜は、小説教室の宿題のプロットを書く。

 

6日きょうは、午前、10時に間に合って、民生のミニディの参加手伝い。

帰宅して、昼食をとることをすっかり忘れてしまっていたのだが、そのまま、訪問の仕事を続行、つまりまる一日、民生の仕事だった。夕方からは、その書類整理。夕食を摂って、その後もそれを続行。

いま21時過ぎ、さすがに疲れた。20時ごろ次男にちょっと電話してみた。どうしているかなと。仕事から帰る途中だったようだ。

 

ピンチはチャンス。ピンチ、チャンス、ピンチ、チャンスと、まあこんな言葉で自分を励ましておく。

 

昨日だったろうか、また調査の依頼があった。クルマをぶつけたことでもあるし、やはり、少しは働かなくては、とOKしておく。

 

車の修理費が、保険屋さんが頑張ってくれたかで、五分五分の責任割合となり、146783円の支払いと決定。当初覚悟した金額の半額で済みそう。