嘉藤治の家の前に立つ

久方ぶりの朝寝坊、気づけば8時少し前、飛び起きて8時半に近所のMさんが迎えに来るのに間に合わせる。半に外に出てみると、彼女がいない。こちらから行くのであったかとすっ飛んでいくと、彼女が運転席で待っていた。きょうは運転してもらうので、気分的に楽だった。9時40分に紫波中央駅。そこから、とっこ舎の方の車に乗り換え、嘉藤治の家に。N氏の説明方々、家の前に立つ。書斎を最後の見学ができるという事であったが、何らかの事情があったのだろう、予定変更、叶わなくなった。非常に残念ではあったが、主催者側も、ちょっと困っていたふうだったので、特に質しはしなかった。嘉藤治の家の隣にある花壇が傾斜地に広がっており、とてもよかった。ラ・フランスで昼食を摂り、オガールのレコードコンサートへ。受付を手伝っているときに、同期会のKさんから電話あり。外部からは入らないはず、主人かと思って出たところが、高校同期会のKさんからだった。彼女には番号を教えていたらしい。何れまた集まってクラス会の相談をするのだとか。会場の設置もすこし手伝う。レコード、解説ともに大変よかった。この同好会の皆様の温かさに感心。突然、司会の方が、私を記事とともにご紹介くださり、関連の歌を2曲を皆さんで歌ってくださったのには有難いとともに恐縮してしまった。レコードコンサートが終わった後に、権三ホールに立ち寄り、有志の方々と歓談。実はエルマンのレコードの写真を撮りたいという魂胆だったのだが、ここにはないのかもしれないなと気づき、そのまま皆様の話に耳を傾ける。よい熱心な方々、ずっと嘉藤治の顕彰を無私で続けて来られた方々だ。素晴らしいことだなと思う。自分はどこまで、いつまで、今やってゐることを続けられるかは自信がないし、熱心さが若干欠けているなと思わせられた。5時半に舎を後にし、6時20分頃帰宅。そして夕食準備。きょも、きのうと同じく咳が出て困った。ちょっと辺りに迷惑だったかも。

賢治・嘉藤治のこだま朗読会

21日、賢治の命日のきょう、朝のうちにすこし多めのゴミを集積所に出したが、ぜんぶ引き受けてくれたもよう。座布団や籐の花生けなど、とにかく燃やせる製品といったものを出す。

午前中は草取り。花を埋没から救出。11時半に賢治詩の朗読、近所のMさんが聴きたいということで、外出は明日に集中させようと思っていたのだが、きょうも彼女に付き合うことに。初めてお会いするHさんの温かさがわかった。とにかくMさんが喜んでくれたのでよかった。3時間の朗読はちょっと長かった。咳が出て困った。長引きそう。薬をのんだからといって治るものでもないという気が。花巻では賢治祭があるだろう。4時に終わり、産直で買い物をし、5時には帰宅できた。

 

Aさんに明日の文学クラブの欠席を伝える。

 

明日はMさんの車で行く。彼女の方が運転は慎重だ嘉藤治の書斎訪問。最後の公開になるという。あすは一日がかりだ。

カボチャの解体

はや20日、木曜日。健康維持に歩こうと6時近くに家を出る。ひと町向こうの知り合いの方に話しかけられ、それが30分という長さ。スーパーに散歩がてらに返してこようとパックを下げて来たのだが、片手にしたまま話に聞き入る。もっぱら聞き役。割って入る余地はない。歩く時間は短くなるが、それもいいかと。ずっと決まった時間に掃除をしておられる。

すっかり終活づく。勢いに乗って進めようと、主人は畑に出かけたが、押し入れの衣類を分別。カーテン類を廃棄することに。シーツ類は切って鍋ふきやら油拭きやらに。戸棚の食器もできるだけ廃棄。綺麗だと思って取っておいたびん類も思い切る。取っておいたとしても何れは捨てられる命運に従うだけの代物。人がひとり終わるというのは、こういう事でもあるなと。随分と大量のゴミが。ゴミ集積所に出すのは気が引ける。クリーンセンターに自分で持ち込んだほうがいいかも。がんがんとゴミをポットに投げ込むのだ。ついでに自分も飛び込んでみたら、いっそ世の中がすっきりするかなどと考え笑ってしまった。片付きましたよとでも言って、私に消えてほしいと願っているあの人この人を安心させようか、ここまで出かかり、冗談がきつ過ぎたかなと折り返す。

どんどん身の回りを軽くする。家の重みがぐんと減り、敷地もほっと息をしているような。

午後は民生の動員。小物づくり。けっこう楽しかった。同じものを同じ材料で作るのだが、十人十色の個性がはっきりと。相変わらず保守を打ち破れない作品、自作がそれだ。

帰宅して草取り。5時ちょっと過ぎまで。

大きなカボチャを解体。蒸し揚げる。

終活2

毎朝歩くことが肝心なのだけれど、今朝はおとなしく。きのうは備忘録を書かないでしまった。午前は9時半に間に合って、胃の内視鏡。たぶん異常なし。

帰宅して午後から、また終活。姿見を処分。リサイクルセンターに、大量の食器類、昔の七輪、棚、ジンギスカン鍋、その他の鍋類、その他、不燃を90キロ、昨日も90キロだったが持ち込み廃棄。投げ込まれ。ひしげ、微塵に砕け散る有様は壮観、なぜにこれほどに人はものを買い込み、我が家などは買い込むほうではないのだが、かくいう私自身は、結婚以来「あなたは本当に物を欲しがらないね」と驚かれたのだが、それでさえも、物が溜まり、そして舅姑の分がものすごい。限りある資源を結局は捨てることになるのだが、人は使い尽くしては捨て去ることを繰り返し、地球を破壊することに貢献して死ぬのだとさえ思われてくる。

一番厄介なのは、使い残した塗料、薬剤、洗濯用剤。水に流すと環境汚染になる。しかし敷地内にこぼしたくはない。

かくして小屋はがら空き。開いたスペースに棺桶を二つ買おうかと笑った。それも市産材で作ったものにしようかと。

きのうの分を今書いているが、先ほど、4時半に、新聞が投げ込まれる音がしていた。たぶん3時起きか、ご苦労様だ。昨夜早々と就寝、その分今朝はやけにはやく目が覚めてしまった。

気が気でない

早朝のうちに散歩を兼ねて、担当ブロックの建物の外観を見て回る。7時前に記入。10時ごろから原稿書き。昼近く、主人が終活か、小屋の片づけを始めている。見かねて手伝ったのが昼食をはさんで3時ごろまでかかる。リサイクルセンターに1往復。粉々に砕け散る食器類。すさまじい。

帰りはスーパー。コメなど食料調達。

帰宅後、福祉バンクに姑の和服を持ち込む。

随分と小屋が片付く。

その後4時から原稿仕上げ。6時ごろの送信。送信後まずい部分に気づいたが、そのままに。

あすは胃などの検査。ちょっと怖い。ほんとうは麻酔のある方に行きたいのだが、今のところでやってもらうことに。万一のことがあれば、周囲に迷惑をかけることになる。やはり、検査はせざるを得ない。

もう9時半。息子や友人知人の顔が浮かぶ。

そういえば、きょう、R子さんから電話があった。温かく改築した方がいいというおすすめ。入院中の彼女からも。

小姑さんが、マイタケをもってきてくれた。何かお礼をしなければ。きのう、きょうと忙しく、話していても悪いとは思うが気が気でない心境だった。

いまは自分を守りたい

22時近い今になって、きょうはたいしたこともなく過ぎたという感覚だが、感覚はやはり感覚。思い返せば、そう、バラの剪定を朝早くしたのは、昨日だったが、今朝は、歩こうかと思ったが、クラシック倶楽部を点けてしまった。モーツァルト、いいや消そうと思った時に、オブリガードにヴァイオリンを使っている曲という解説が入り、ついつい聞いてしまう。

早朝に、地域で亡くなった方がいらっしゃる。一段落したら様子を見に行こうと思っていたところに。自治会の方がいらして、自分が見てくるということ。1時の火葬に参列してくださるというので、ああわたしが行かなくてもいいんだと。悼む思いはあっても、時間的にきつい感じだったので。

午前はコーヒーを飲み終えて、3区画目に、そう自分が勝手に仕事の区画にそうつけているのだが、そこ一帯にインターネット用を配布。特別事情が一件。11時には片付く。アパートの関係の方も、予想以上に協力頂くことができた。100うん才の世帯も難なく解決。

11時ごろ、事務処理をしていると、小姑さんが見える。乳製品をくださった。コーヒーを淹れ茶菓を準備。お昼、一応はお誘いしたが帰られた。

昼食後ちょっと休む。それからぼちぼちと原稿書き。苦手な部類の原稿書きだ。関連の音源を聴くなどするうちに、夕6時。なにやかやとやるべきことが立て続く。

 

原稿、もうちょっと進めて概要を作っておかないと。

明日の予定はなし。とにかく完成させて送信しなければならない。

 

いま行方不明になっている人の幻が浮かんだ。行方不明は不明ではない。神は必要なことは、なにも出かけてそこに行ってみるまでもなく、ぜんぶ幻をみるように見せて教えてくださるというのが私の実感。何れ自分よりもはるかに賢い神に信頼することが、自分を守ることであるかもしれない。

ブログ書きなど

15日(土)分を記す。

もう9月が半月過ぎたことに驚き。

午前は9時から第一回調査書配布。2ブロック終了。歩いている途中、この地域の方がが自治会の配布をしているのに会い、しばし、来春退任のはなしなど。この方も私の大先輩、74にはなられるか、この仕事を引き受けてくださっているのだ。次にやってくださる方を探さなければならないと仰っていた。自治会役員、或いは、民生をやってくれる方がなければ、市職員が大変になるのだろうなと。事実福祉課の方々の大変さが、最近になって推し量られることが2件あった。

昼食を出し、午後は、教会の方の演奏会があるので、2時に間に合って、近所のM子さんを誘い、町屋へ。誠実な演奏に涙がにじんだ。これは巧い下手の問題ではない。ステージ上の方々の誠実さが伝わってくるよい演奏だった。初めてじっくりと町屋を見学。絵本のお部屋で、しばし文筆活動のはなしに。しかし、この町屋も訪れる方が少なく、ほかの施設と同じく、箱物の先行きが案じられた。

5時近くの帰宅。

ほんとうは今日中に調査書配布をぜんぶ終わらせたかったが、ひと区画分のこしてしまった。ま、20日までにやればいいことではある。

ちょっと休憩してまた本でもと思っていたが、そのまま眠ってしまい、そう、8時過ぎに眠ってしまっていたが、真夜中1時半に目が覚め、いま2時過ぎ、ブログ書きなどをしている。

「もっと自分に目を向けたら」と息子からサジェツションのメールが来ていた。