不出来

なにか、原稿書きモードにならず、締め切り迫るも、ただ、年表のような打ち込みのみ。午後からやっと何とか気分が乗ってきたかの矢先、電話、実は管理人が無断でマンションの部屋に入っていたというはなし。所属する学会にそのことを話し、一もめしたとのこと。管理人が無断で居住者の部屋に入るのは、昔からよく聞くはなし。終わって石油タンクの給油があり、夕刻迫って、Kさんが生活クラブのカタログを持ってきてくださり、N夫人がことし初に見えた。どれも楽しく有難い。

夕食後にまた視点を変えて書き始めるが、今回は不出来。こんど書く項目がよく知った事だとタカをくくっていた自分を悔やむ。今回は間違いなく不出来になるかの予測。

励まし

20日は、本を読むなどしていたが、夕5時半から、文学の会で出版した方がいらっしゃり、その祝賀会、兼新年会、兼快気祝い、これが、リンパ関係のガンが治癒した方がいらっしゃるのだ。わたしは、お祝いの品と、花束贈呈の役目。7時半ごろに終わり、女性3人でロビーでお茶を飲みながら1時間ばかり雑談、タクシーでの帰宅は夜9時。こんな時間に帰るのは、教会の総会に向けた役員会の日と年に2回らいのもの。それでも、ああだこうだと批判がましく何やらかにやら仰る方々が一部にいらっしゃることに、驚きを感じるのだ。

 

 きょうは教会へ。昼、帰りにスーパー経由で帰宅。昼食づくり。

土日ジャンボで韓国の漬物販売をしている女性が、詩の喫茶店に、ハングルを教えに来ているのを思い出した。寒くて大釡に行く元気は出ない。

午後3時から、ちょっと聴きたい合唱があったが、主人に遠慮。たしかに、ここのところ、地域の方々との食事会、詩の喫茶店、そして夕べは食事パーティーと続いている。

 

 姪の子供たちが中・高一貫の学校に受かったのだとか、古臭い私は、公立に行かないことに、ちょっと寂しい気持ちが。

 夕方、友達から電話。また辛い治療に遭うかもと、不安を抱えている。たとえ、あなたがどこにいようと、どんな状態であれ、生涯あなたは大事な友達であることを強調、励ましを述べたが、その言葉に力があったかどうか。

 

詩の喫茶店

午前中はカズオ・イシグロを読む。読みこぼしがないようにと、神経をとがらせる必要もなく、久しぶりにリラックスした読書タイムが持てた。午後、主人を図書館に送るついでに、岩手山がきれいだったので、写真を撮るために巣子方面に進路をとるが、なかなか駐車スペースがない。分かれにだいぶちかくなってから、やっと左折、岩手山と雪野原を撮る。

 帰りに詩人のOさんを思い起こし、彼女の喫茶店に立ち寄る。韓国の詩人たちとの付き合いがあり、招かれてもいるらしい。いつか一緒に韓国へ行こうと誘ってくれた。それでかなり気分を一新させて、帰りにはスーパーに立ち寄り、クルマにガソリンを入れて帰宅する。

韓国、できるなら、韓国の詩人たちと話してみたい。詩人には純粋な人が多いという感じがする。自分の詩集を出したい、久しぶりに、そんな気分がぶり帰ったが、果たしていつまで持つやら。

改めて、これは備忘録

 当初は読んだ本を書くつもりだったが、内容、レヴューを書くつもりだったが、実際そこまで書くとなると、けっこうな時間を費やすことに。成り行きで、このブログは、備忘録として使うことにしたのだ。いつ、どこで何をしていたっけ?そんな自分の問いに、或いは人からの問いに即座には出てこないときがある。そんなときに、このブログ開けて見るのだ。

 

 きょうは11時半、メトロポリタン4階中華レストラン集合。手配だけはしておいた。サロンの集まりだ。参加18名。

 行きはでんでんむし、帰りは歩いたが1時間かかった。なにも交通費の倹約ではない。肝脂肪を恐れてのこと。代謝のためだ。食事は食事で楽しかった。

 出かけるときから、帰りに図書館に寄ることばかり考えていた。関係図書の持ち歩きは分厚くて大変なので、3枚コピーを取って持参。ところが、調査にどうしても集中できない。集密から1冊出してもらったが、これがはずれ。結局目に付いた「おらおらでいぐも」が、館内とあるので、その場で目を通す。イシグロ氏の分厚い文庫本「充たされざる者」が目に留まり、借りて帰る。1時間の徒歩は、けっこう気持ちがよかったが、さすがに紺屋町を通過する頃には、疲れが。それでも、夕5時には帰宅。

橘不染

17 日、午前中は、リンゴを買うのと、ふきで町文庫へ。橘不染の明治のあれこれの中に、盛宮自動車の写真が載っていた。コピーを欲しいと思ったが、スタッフに言いだしかねた。白木造りの清潔な感じの長机、いすが備えられている。近くのOLが、昼になると、お弁当やお菓子などを買って、場所を使いにくるのだとか。コーヒー200円。時間つぶしにはいい。書店で音楽関係の文学書が欲しかったが、12時が迫っていたので帰宅。郵便局に用事で歩いていたところ、F夫人と道で出会う。「あすの食事会、失礼します」とのこと。

ほんとうは祈祷会があったのだが、日曜日には行こうと思う。会員のYさんに、どんな様子だったかを電話すると、祈祷会の後、Aさんとふたりでランチしてきたのだとか。来週は私をさそうことにしたとか。

二男からメールが来ない。忙しいのかも。

どんど祭り

きのう、15日のこと、けさからなかなかエンジンが掛からない。有意義な一日とは言い難い。しかし、日曜はフル回転で、自分では意識できていないとしても、少々疲れ気味なのかもしれない。月曜は休んだ方がいいのかもと想いもする。3時過ぎに、そういえば、八幡宮で、どんど焼きがあるはずと、盛岡に居ながら、盛岡の事を何も知っていないことを思い、八幡宮に、お飾りを持っていってみた。駐車場にはいるのに待たねばならなかった。やっと車を入れて、境内に行くと、お飾りなどが、燃えていた。わたしも投げ込んだ。隣に立っていたご婦人が、一戸町出身の方とわかり、はなしをした。昔の面影はなくなってしまったようだ。八坂神社は昔通りだとか。裸参りがあるというので、見て行こうかと思ったところ、ご婦人が聴いてくれて、6時頃だという。とても待っていられないので、買い物をしに、鉈屋町のスーパーに立ち寄ったところ、Aさんという主人の友達、もと友達といった方がいいかもしれない、歩いていたので、失礼とは思いつつ、足早に店から出ることにして、そそくさと会計を済ませ,出てきてしまった。何の興味か、時々電話をかけてきては、悪意はないとは思うが、こちらの様子を窺っている気配を感じる方だった。あまり関わらないほうがいいと感じる。

 

16日のきょうは、息子に食料を調達して発送。どこでも手に入るものではあるけれども、無精して食べずにいるのではないかという気が。

Kさん、礼拝参加

世間公開しているブログ、けさのネタにすこし困った。しかし、けさ、公開時間が近づくと、何者かから指差しを受けた気がして、昨日思った通りの雑誌の1頁をアップ。

近くのKさんをお連れして教会へ。彼女は私よりも10歳年下であるといっていた。婦人会にも出席。食事をして、市場へ。3時過ぎに帰宅。

 

掲載記事を2回分、スクラップに貼り付ける。

 

明日からは何もないと思っても、手帳をみなければ。きょう入院中の彼女から電話あり。元気そうだが。

 

二男の借りている部屋の更新年度となっているという電話が、わたしがいないうちにあったらしい。

 

出版祝賀食事会のことで、まだ時間を連絡されていない方があったとの電話がはいる。他を通じて連絡をしてもらう。