もう一人

今朝、西口に息子を迎えに行く。5時45分のバスで着く。収入があったからといって

倹約できるところは倹約する、これはとてもいいことだ。それが、体が冷えたとかで、風呂に入りたいと。やっているところがなく、近場の温泉にでも連れていくといったところが、そこまでしなくていいと。結局すぐ帰って朝食を摂り、一休み。1時間もすると仕事の電話。何と原稿依頼だったようだ。頼まれた2本を書き終えたばかりだから、すこし休んでからにするといって、別な仕事を始めていた。

私は11時に間に合って、民生の動員、文化祭の陳列作業のために出かける。民生のYさんが、昼食どう? それにAさんが合流。3月でやめると思うと、この人間のできた人たちともお別れするのが残念な気がして、在籍の間は一緒に行動したいと思っている。話は弾み、ついつい3時までお喋り。しかし民生の仕事上の様々なことがわかった。家では自分で食べていてくれるといったことに甘えた形。まあたまにはいいだろう。

 

帰宅すると、温泉といっても息子も忙しく、近場の、ということになり、開運の湯へ。空いていたのでほっと。

 

以前よく投稿していたブログ、その方の先人に対する見解が違っているのではと思われたので、もう投稿はやめたのだが、心は痛むけれども、迎合してはならないという気がする。特に、反キリストであること、神なしとする世界、つまり何でも許されるという世界観であると思われる、それが、教会に43年通い続けたものには、肯ぜない理由なのだ。そして宗教観から犠牲を払う人間を「お馬鹿さん」だと笑っている。怒りなどの感情はおきないけれども、迎合はできない。事情がわかって、その心情は理解できても、それを支持はできない、そういうことなのだ。反キリストを支持することは、即ち、自分が反キリストであることになるからだ。

 

何れいつでも自分の行動の証は立てられるようにしよう。何月何日何時何分、あなたはどこで何をしていましたか? と訊かれたときに、きちんと答えられるようにだ。

 

あとは、そう、Kさんから28日にもう一人連れて行きたいとの電話があった。これはうれしいこと。

 

 

 

 

昨日で調査関係終了

きのうは、市の調査関係の電話がなかなかつながらなくて困った。夕べからかけていたのだが。諦めて、聞き取りを作成。

午前は教会へ。

午後、2時に間に合っていかなければならない市役所なのだが、

T子さんに、市役所で、すこし待たせるが、地域に誕生されたお子さんがおり、そのお祝い品を買いに行くのだが、一緒に行かないかと誘うとOK。調査書の提出に行き、私よりもずっと大先輩の方々がまだまだ頑張ってらっしゃることと、市役所の方々の忍耐強い対応を見ていて敬服。ある方に言わせると、彼らは給料をもらってやってるんだ。しかし、我われは、ボランティアのようなもの。なるほどと思えなくもないが。

 

結局T子さんは、市民談話室で30分私を待っていた。ゴメンナサイというと、それでも家にいるよりはいいと仰る。某デパートまで5000歩近く歩いたろう。

フォトフレームを購入。帰って直ぐに伝票を切り、会計に届け、お祝い品を届けに行くと、これが留守。或いは実家に帰っているのかもしれない。これは、時間がかかりそうと覚悟。

 

仕事が一段落して、休憩。それでもまだ仕事に追われているような気分が抜けず、立ち上がって何かしなければならないような焦燥感を覚え笑う。

 

そういえば昨日主人が畑のYさんという方からハックルベリーを頂戴し、さっそく添付ンレシピ通りジャムに。たしかに目に効くという実感を得る。友人のR子にも薦めたい。

 

さて、きょうの予定は特にないが、掃除と資料読みはしなければ。

人を見くびったことはない

午前は、原稿を一旦仕上げる。午後になったらもう一度確認と後は家の仕事。主人は畑、そして午後は水泳とトレーニング。

 

原稿が一応書けたことに感謝。

 

夕方、文章教室の事務局から、受けた人には、文士劇のリハを見せますという電話が。

ことしの初めごろは、今年こそは見ようと思っていたのだが、あまり乗り気ではなくなり忘れていた。しかし、見るチャンスを下さることには大いに感謝。

 

息子が海外に。準備もあるだろうに。老婆心が動く。

 

夕方には調査票を一軒受け取りに行った。それから9時ごろまで、ぼつぼつと調査の整理。提出は明日。

 

神に従ううちは、書く力もお与えくださると信じる。

人を見くびったことはない。しかしそう誤解されたことは多々。なぜだろう。自分ほど差別感を持たないものは無いとさえ思っているのだが。

 

 

写真どり

きのう14日は、8時20分、Mさん宅で乗車。彼女が運転してくれた。途中お土産を買い、10時5分、F家到着。二階でレコード、書籍などの写真を撮らせていただく。彼女も、さまざま質問し、お蔭で、こちらも思わぬことを聴くことができた。

帰りは、ガーデンに5分ほど。オガール経由、買い物20分ほど。帰宅11時半。それからバイクで教会へ急行。祝祷に間にあう。献金だけはする。それからトーンチャイム練習。帰宅は1時半ごろであったか。休憩。

途中、まだ調査票未提出を3軒訪ねる。一軒は出張中だったとか。だしてくれるものかどうか。

 

資料をスキャンしようとして、うまく出ないことに焦る。が、待てよ、焦るな。接触のかんけいかと、配慮したところ、無事スキャン。これで資料添付ができる。

大震災の幾とおりかの資料読み込み。確信を得たところで、先ずは一段落。

 

きょう15日、主人の会の方でこみ入ったことがあるらしく、しきりに電話。それで、外に。庭仕事。チューリップ、グラジオの球根を掘り上げる。いま陽を浴びている。球根に陽をあてるのがいいのか悪いのかはわからない。いま11時ちょっと過ぎ。午後は原稿書きをしなければならない。

Tさんが電話をまっているのが感じられる。彼女のためにも、何とか、彼女が一人で出かけられるといいのだが。これから先が心配。忙しくなかなかお誘いできない。時間をつくらねば。

 

午後はトリをつくろうとしたが、ショウガが無い。歩いていないなと、運動がてら最寄りのスーパーへ。往復30分ほどか、ちょうどよい距離。

 

 

昼には教会にも

13日分を書いていなかった。

昨日は、午前、嘉藤治家の隣のガーデンで、22日に行ったときに、来ますといっていたので、行くことに。Mさんは美容院予約とかで行けなく、主人が一緒に行くことに、愛妻館で、ちょっとしたイベントをやっており、立ち寄ってりんごと枝豆を購入。晴れ上がり、気持ちがよかった。嘉藤治の家の前に着くと、2階の窓が開いている。誰かいるんだと、思い切って鈴を鳴らすと、嘉藤治お孫さんという方がいらっしゃった。容易には見せてもらえそうにない。主人とあいさつし、とにかく明日もいるということで、エルマンのレコードの写真を撮らせてもらうことに。礼拝だなと思ったが、この方が、後日を設けてくださる保証がないので、行くことに。

 

で、きようは、いつものMさんにお願い、クルマもお願いし、一緒に行っていただくことに。さて、取材はどうなることやら。昼までには、教会にも行けるだろう。

何かが洗われ、何かが蓄積される

午前は、未提出のうち、一軒引き取りに。あとは、難しいのは、4軒ほど。連休に何とかあと2軒は解決したい。

 

やっぱり草取り病、昼近くまで。

 

午後、主人がバイクで泳ぎに。クルマがあるので、写真を撮りに。T子さんを誘おうかとも思ったが、自分の思うがままに好きなところに何度でもクルマを停めて、進んだり、戻ったりは、遠慮してできなくなるので、久方ぶりに一人で行くことに。T子さんを誘うときは、やはり彼女中心に動くことになるので、自分の用足しを控えめにしてしまう。たまには単独行動でも。106号線「天狗の里」を右折。谷あいの段々の田圃をカメラに収める。

 

人によって、どんなものを写真に撮るだろうかを考えてみる。そして人によってさまざまであることに気づく。何を撮って何を見せようとするか、そこに人の価値観や本音も現れるだろう。私の写真などは月並みだろうが、まあ、生存証明ぐらいにはなるだろう。帰りはガソリンを満タンにし、スーパーに立ち寄って4時ごろの帰宅。景色を見ることは必要だ。何かが洗われ、何かが蓄積される感じがする。

新たに光を当てるために

あまりにはやく目が覚めてしまい、しかし4時半には起きて5時にはクラシックを聴ながら読書。午前は、草取り。やはり家にいるのはよくない。とはいうものの、昼には生協が来る日でもある。また読書など。

 

図書館を高齢者の居場所にしたらアカンのでしょうね。一旦、図書館に足を踏み入れたら、それは頑張りますよ。この宝の山には、発見が眠っているのですよ。一つの新事実が分かることで、一つの項目、一人の人物が俄然輝きを帯びることにも。

 

きょうは図書館に行く暇は無し。午後に、市の仕事の書類が届き、事務整理、訪問4軒。

 

小雨小雨。

 

アメリカのハリケーン、ナンタルチア!身に迫る思い。

株価下落。悲喜こもごも。

 

ブラームスって? わかっているようで……。人間関係の破壊の事かな。

今朝の木管五重奏、よかった!