読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「運命の海に出会って  レイチェル・カーソン」

きのうは午前中に1時間ばかり写真を撮りにいったきり。その他の特記事項はなし。あとは、本ばかり読んでましたが。家人は、もう一人の同行者とともに新年度に向けて新しい役員発掘まわりだった。2,3手ごたえがあったらしく、ほっとしている。

 

 中国の大気汚染、海水の温度上昇、核開発エスカレートの動き、その他、その他。毎日トランプ、難民、金正男で揺れるあいだも、環境破壊は進んでいる。没後53年のこの人を、いまいちど思い起こそう。

 

運命の海に出会って レイチェル・カーソン <新装改訂版>

運命の海に出会って レイチェル・カーソン <新装改訂版>

 

 この方、文学的素質がおありだった。『われらをめぐる海』は、ニューヨーク・タイムズ紙のベストセラー・リストに86週もとどまった。科学系統の読み物としては異例。いかに熱狂的に迎えられたことか。いま日本では村上春樹の新作を各メディアが取り上げ、書店に山積み。村上春樹も悪くないけど、今カーソンを読むことは真の教養を積むことになる。カーソンは当時米政界に力のあった農薬メーカーとも真っ向から対峙、戦っている。ケネディはカーソンの主張を政治に反映させてくれてる。アイゼンハワーはペケ。企業の犬。自然保護論者の首を次つぎに切ったからね。政府の仕事を辞めたカーソンは、ワシントン・ポスト紙に宛てて政府を激しく非難、かっこいいとはこのこと。何て素敵な人なんだ!

沈黙の春』を出版したのが1962年。その2年後には自らがガンで56歳で死んでしまった。ほんと、涙がでちゃった。この本はとっても分かりやすい。面白いから読んでみてね。図書館にもあるでしょ、きっと。