読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

終日雨  ぬれそぼつ満開の桜 

午前中、午後「さすらいのメロディー 鳥取春陽伝」を読む。一応本日読了。 午前、大館町12-26へ。不在。休みに気づく。前潟イオンに。終日の雨。かすみ草の種苗トレーに覆い。12時25分に郷土関係のラジオ番組聴く。15時、内加賀野へ。玄関先で用向き終了。…

文章クラブ、中央公民館へ

入院中の友達に、タイムスの記事のコピーと手紙を投函。いきいきサロンの回覧用文書印刷、近くのセンターでコピー。回覧担当者宅のボックスへ。 文章クラブのお菓子を買いにスーパーへ。文章クラブの準備。ひまわりの苗を植える。芽が出たばかりのもの。中央…

午前、読書。午後役目上の務めでJ中学校へ。懇談中に倒れた役員の方が。 その後、アクセサリーの相談で喫茶ママへ。近所のYさんが来ていた。Aさんにアクセサリーの修理の相談を。スーパーに寄って18時帰宅。ほぼ主人の帰宅と同時だった。

午前中は大館町12-26に。午後は畑。主人の手伝い。主人はジャガイモまき。私はニンニクの土上げと草取り。ブロッコリーの苗を下さった方あり。みな欲のない方々。帰ってから裏の花壇の菊の植え替え。夜は、本を読まなくちゃ。ほんとうに間に合わなくなった…

花の土を買う

きょうは午前中は家事。午後は、体の調子を崩していた方を誘い車ですこしご案内。昼食をし、買い物をする。とても元気になった。彼女は服を見たかったかもしれないが、花に付き合ってもらう。16時帰宅。タイムスさん、新聞2部届けてくださる。 夕刻、文章ク…

21日、タイムスに第一回の原稿が載る。読んでもらいたかった人々、恐らくはほんとうに喜んでくれたであろう人々の幾人もが向こうの世界に行ってしまった。この頃心の中で話しかけていた父。そして、母。やはり身内、そして兄弟姉妹、友達。教会の牧師婦人も…

忙し

19日、10時、図書館。11時半、ウィングで石鳥谷のチェリスト女史、箏女史、ヴァイオリン女史と合流。1時半、地域関連の総会。夕食後、19時、地域関連会議、20時半帰宅。 20日分をここに書き足す。午前は結局庭の整備。息子たちが帰ってくるのを意識。すこし…

たくさん出会った

美容院に行った。終わって階段を降りたところで、近所のいつも一緒に散歩するT・Tさんにばったり。彼女もきょう、髪を整えに。帰りに銀行に立ち寄ると、主人の親戚筋のK呉服店だったSさんにばったり。窓口を終えて、お茶に?というと、何か買ってあげたいと…

バイクで

きょうはイースター。教会で卵を二ついただいたけれど、写真はまだ撮っていない。午後は墓参り。帰りは墓園から産直に寄り、スーパーに寄り、帰宅は4時半ごろ。主人がフルートを吹いている。庭にはヒヤシンスが咲きそろい始めている。終日バイクで動く。

寒い

ここのところ肌寒い日々。雨が降っているあいだは本を広げ、止んだところを見計らって草取り。一日中家に。 夕刻に長橋町のN・Sさんから電話。相談と仰っていたが、私を元気づけるための電話ではなかったか。1時間ばかり話をする。 下は春子谷地に行ったとき…

無為でいることに抗う

午前、仕事3件。地域関係の書類提出2、会場確保。 午後取材。カルテットのメンバーをより固めるため。お一人暮らしの女性。いまは書道をボランティアに生かす。70までは猛烈に働き、それ以降は無為に暮らすことに抗うの戦いの日々だったとか。ひと昔まえの…

一日中在宅

なぜこうもしばしば書いた記事が書き消えてしまうのか。何かキーの押し方が甘いのかもしれない。 きのうは、予定通り11時火葬。奥様にご挨拶しながら胸が痛んだ。お孫様たちが並んでいらしたので、すこし安心。もうお一方は、市がいう事には、どなたか身内の…

火葬

きのう、ブログを書いたところが、消えてしまった。その日のうちにまた書くのは大変。それできょうに持ち越している。 昨日は、早朝に町内の方が二人亡くなっていることが新聞に。ああ、また亡くなったか、それで、立場上、関わっていることもあり、朝のうち…

さてさて……

6時起きで7時半まで庭の草取り。朝食を終えて9時には図書館へ向かおうと思っていたのだが、洗濯やら、お弁当がいいというので作り直したりで、しているうちにM・Sさんがひょっこり。連載が決まったお祝いだと、きれいな水引のかかった菓子といちごを持参くだ…

会議3時間

朝6時から庭の草取り。去年は放っておいたために、かなりクローバーや牧草のような草がびっしり。2時間かかって、きれいになるスペースはほんの一角。全体をきれいにするにはあとひと月はかかりそう。ひと月経つうちには、取ったはずの箇所にまた草が生えて…

一日家の中

今朝は朝6時から庭の草取り。なぜか午前中はずっと胸が重苦しく、それでもどうしてもY・K先生に資料を借りっぱなしのお詫びをせねばと手紙を書き、印刷。切手を取りに2階に上がったのだが、体が重い。うつ症状のような感じがした。いちいち手間取る。一瞬、…

堆肥を買いに

6日木曜日は主人の用足しに、自治会関係の資料コピー、作成のためだが、手伝って地域支援センターに。それが午後。午前中は何をしていたっけとなる。原稿の推敲だったかな。 金曜日、つまりきのうは、午前は役目がら小学校の入学式に。大震災3・11に生まれた…

入院仲間とバッタり

きのう午前中は読書、原稿書き。午後は近所のTさんと某デパートへ。 きょうは10時過ぎに眼の検診。同じ917号室に入院した3人が顔を合わせる。それぞれ眼の病気の内容は違う。術後の見え具合もさまざま。彼女らに気づくまで本を読んでいた。模範村の話だ。経…

子孫を訪ねたけれども

今調べている人物の叔父の子孫が、一つ隣の町にいるはずという情報を受けて、午後から探したところが不在、隣の方に名刺を託して、然るべき連絡をお願いする。途中、「大きな木」に立ち寄る。奥様がいらして、亡きご主人の書籍を整理しているのだとか。もう…

マイクロ

午前、教会。同じ会員でも齟齬を感じることはある。しかし、共に主の一家であるということに、教義上はなっている。この齟齬も、晴れることもあるだろうか。 今朝は自転車で行ったこともあり、その足で県立図書館へ。自転車置き場にタイムス社の方がいたこと…

掃除

午前中、水晶堂ビル4階。食材購入。12時少し前帰宅。午後掃除。

庭と家の中

音楽関係の資料をちょっと。しかし賢治は原書で読んでいたのだ……。盛岡音楽普及会、大正6年と出ていた記事をさがさねば。どこに入ったやら、今となってはちょっと億劫だけれども。 薬の服用、目薬点眼の日々。 気晴らしに庭にちょっと出て、作業と言うほどで…

退院

きょう10時半退院。 27日入院。外来に10時。検査。東病棟917号室。7人部屋。18時手術。私と神。すこし不安になり、術中に祈る。「光よあれ、すると光があった。光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった」という聖書の言葉が浮かぶ。輝く世界が待…

あすから入院

午前中はいつも通り。午後食材買出し。あすから3泊4日入院。

ゆったり時間

またまた記事消失。書き直す気分も消失。とりあえず、日記だけでも。 午前溜まった家事を。午後は買い物1時間弱。花屋の前で、ラナンキュラスの新しい色の開発だろうか、驚く。 昨日の疲れがすこしたまった感じが。きのう一緒に行ってくれたMさんも疲れただ…

取材

一緒に同行してくれるMさんが玄関のチャイムを押してくれるのを待って、8時にクルマに同乗。主人の見送りで出発。久方ぶりの取材。新里村障害学習センターに向かう。取材内容は、後に活字になることでもあり、ここでは控える。帰着は18時。

きょうも連載用書籍数冊をあたり、通常通りの家事をし、午後、運動不足なので自転車で1時間買い物に行き、4時近くだろうか、帰宅。掃除。 あすは、もし雪が降らなければ、この近所のMさんに同行してもらい取材となる。明日の朝の最低は-2℃。道路が安全であ…

図書館へ

日記が一日遅れになっている。 きのう22日、3軒隣のTさんと県立図書館に。12時56分のでんでんむしに乗り、帰りは盛岡駅から17時5分の水道橋行で帰る。Tさんも楽しんでらっしゃるのにほっと。館外持ち出し禁の本のコピーやら映画関係、新里村史の本を借り足す…

姉と日帰り温泉行

2回も記事が消えてしまい修復できなかった。もうよそうかと思ったが再度。 月曜祝日は午後からヨハネ受難曲を聴く。駅ビルで買い物し18時近くに帰宅。 きょうはS町の姉が迎えに来てくれ、鶯宿に日帰りの温泉。森の風は風呂は12時からということで、長栄館へ…

20回の読み直し

きのう日曜日の午前中は教会と、午後からは文芸誌の合評会。20代の才能ありそうな書き手が入ったことで、大いに座が盛り上がった。今回は自分のはどうでもいいという感じでいた。ただその道のプロに、取材能力があると言われたことが励みになった。これまで…

運命共同体

近ごろは7時半起床と随分遅くなっている。しきりに息子たちの事が想われる。つい土曜日であることを忘れて土曜日も働いている息子に電話してしまい、気づいて慌てて電話を切った。いまの若い人たちは税金も高く、しかも国の借金を背負わされ、ほんとうに大変…

ことし初の庭の手入れ

きのうは自転車を買った。まえよりも一回り小さく軽い。自転車屋さんのNさんは、主人と友達で、ひと昔前は一緒にツーリングに出かけていた。Nさんは今もう80はとうに過ぎている。それでも去年もツーリングに出かけたようで、とにかく超人的な人なのだ。 こん…

一日一善

備忘録をいつから付け忘れていたか……土曜日は3・11記念日。その前日はT子さんを前潟イオンへ。震災当日は、役目上の仕事デハアルガではあるが、Oさんの用足し。日曜の午後は教会でバザー品の整理。そしてOさんが衣服を必要としているので届ける。月曜日はMち…

きのうは自治会の役目上のことで、これは一昨日、ある方からの依頼電話が来てすぐに駆け付け、行った不動産屋に明日きてくれと言われたことで、2日がかりの仕事になってしまったのだが。また不動産やら市役所やらを回って午後はそれでつぶれてしまったが、し…

どうなることやら

きのうは一日家にこもりきり。鳥取春陽関連図書、近代の岩手関連の音楽家をあたる。こんなことしててどうなることやら。

本の読みすぎ

このところ、まるで競技ででもあるかに本に没頭。昨夜は「もうやめた方がいい」と主人に注意された。 今朝になって、いつもなら頭がずきずきしたり、眼の奥が痛んだりするはずが、それがない。ところが、胃がきゅんきゅんと悲鳴をあげている。やっぱり。もう…

子供会歓送迎会

ちょっと遅いけれど、こんな写真もあります。お雛様って、なぜかみんな真正面から写すんですよね。ちょっと角度をつけると立体感が出るんですけどね。 きょうは午前中11時半から子供会の歓送迎会に出席予定が、自治会の事で大切な用事で出かける前に来客があ…

数十年ぶりにミステリーを読む

また雪が降った。午前、午後ともに「アレックスという女」。ミステリーは20代に読んだきり。欲望、しかも人間としては最悪の欲望の犠牲になり、殺人鬼となった女の命を賭けた最後の謀が、現実にこう警察を欺けるかが? ただ、よくここまでストーリー展開をさ…

チューリップ

きょうはもう出かけないなと思うところで、といっても夕方5時には必ず帰宅するのだが。たまには夜景でも見たい、たまには素敵なレストランでディナーもしたいと思わないではないが、今朝なぜか難民の方々の姿が浮かんでいた。どうして、どうしてこっちはこん…

自転車がパンク

午前中は何していたのか、そう、借りてきた、図書館の書庫でカビがはえる寸前? の本ばかりを閉じたり開いたり、二階に置いてある本を取りに何度も階段を上ったり下りたり、読書というよりは、階段の上り下りの運動をしているみたいだった。午後は定例会議。…

本の掻き集め

昨日も更新したのだが、もうすこしというところで記事を消失、バックファイルで残っていはしないかと思って慌ててキーを押してみたが、きれいさっぱり消えていた。もう疲れてしまって書き直す気力視力が続かなかった。今月からは忙しくなりそうだが、いつど…

「運命の海に出会って  レイチェル・カーソン」

きのうは午前中に1時間ばかり写真を撮りにいったきり。その他の特記事項はなし。あとは、本ばかり読んでましたが。家人は、もう一人の同行者とともに新年度に向けて新しい役員発掘まわりだった。2,3手ごたえがあったらしく、ほっとしている。 中国の大気汚…

歩かねば

午前中、本を読んでいたが、すこし歩かねばと、午後に近所のT子さんを誘ってでかける。アイスバーン。T子さんにはちょっときつかったかなとケガをさせはすまいかと心配した。5900歩で無事帰還。結局肴町のアーケード街を往復。 午後には主人は水泳。それが、…

図書館へ

午前中は役目上の集会出席のため近くのセンターへ。9時半着。3人用の座卓を二つづつ5か所に設置。座布団7枚を4か所に。5枚を一か所に。大御所が5人座れるように前に縦長座卓を二つ繋げたところ、一人欠席。お茶のペットボトルを人数分置く。福祉推進協議会…

ランチ

午前は、いつもの水曜の予定通り。10時半から12時近くまで。その流れで、AさんとTさんと一緒に県立美術館にあるレストランでランチ。3人同じ年代。Aさんは私よりずっと若いと思っていたので意外だった。2時半過ぎまで一緒に。帰る途中、スーパーに立ち寄って…

文學の会の会合

19日の18時ごろ、茨城、千葉で震度4.地震があるたびに、やや、南海トラフが来たか、と身構えさせられる。息子たち大丈夫かな、姉、弟家族、友人知人、同級生も大丈夫かしらんと思う。みんなみんな無事でいてよね。 きょうは文学の集まりがあった。見た目20…

この冬、除雪車の出動はないかと思っていたが、盛岡、夕刻で18㎝。いまでは20㎝を超えたろう。 終日家にこもり、文藝春秋社刊、浅田次郎の『壬生義士伝』を読む。数年前にも読んでいる。浅田次郎のサイン入り。表紙も榊莫山の書。いまじっくり眺めるとなかな…

法事

きのうは10時に弟が迎えに来てくれ、その車で盛岡市龍谷寺へ。上田の叔父(義理の母の弟)の7回忌。実業畑の叔父で、免許資格をいっぱい持っていると職場の中でいいように使いまわされるだけだよと言ったものだ。シベリア抑留に生き残り帰還。何か年計画かを…

頑張ってみてくださいませ

ゆっくりと起きて朝食を摂り、コーヒーを終え、本を読んでいると救急車が隣の向かいに来ていることに気づく。役目がら一応お役に立つことはないか、これも往々にしておせっかいにもなるので、見極めが難しいのだけれども、玄関先までようすを見に。医師、看…

文學界2月号読了

文學界をまずは一通り読み終えた。「最愛の子ども」、疑似家族の愛のありよう。どんな人間関係も疑似家族として態を為すことができるという奇抜さ、面白さだろうか。4年ぶりの新作320枚。これが、巻末の小説月評にあるような前衛的なものといえるのかどうか…