庭と家の中

 音楽関係の資料をちょっと。しかし賢治は原書で読んでいたのだ……。盛岡音楽普及会、大正6年と出ていた記事をさがさねば。どこに入ったやら、今となってはちょっと億劫だけれども。

 薬の服用、目薬点眼の日々。

 気晴らしに庭にちょっと出て、作業と言うほどではないけれど、草をとる。

 

退院

きょう10時半退院。

 

27日入院。外来に10時。検査。東病棟917号室。7人部屋。18時手術。私と神。すこし不安になり、術中に祈る。「光よあれ、すると光があった。光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった」という聖書の言葉が浮かぶ。輝く世界が待っている、そう思った。果たして0.02の視力は1.0に。医学の技術のお陰だ。そして29日には右目も同様に。何人もが入れ代わり立ち代わり手術をしては退院していった。

 行きは主人が、帰りはタクシーで帰る。

あすから入院

午前中はいつも通り。午後食材買出し。
あすから3泊4日入院。

ゆったり時間

またまた記事消失。書き直す気分も消失。とりあえず、日記だけでも。

 

午前溜まった家事を。
午後は買い物1時間弱。花屋の前で、ラナンキュラスの新しい色の開発だろうか、驚く。

昨日の疲れがすこしたまった感じが。きのう一緒に行ってくれたMさんも疲れただろう。いま19時、ゆったりと時間が進行中。

取材

一緒に同行してくれるMさんが玄関のチャイムを押してくれるのを待って、8時にクルマに同乗。主人の見送りで出発。久方ぶりの取材。新里村障害学習センターに向かう。取材内容は、後に活字になることでもあり、ここでは控える。帰着は18時。

きょうも連載用書籍数冊をあたり、通常通りの家事をし、午後、運動不足なので自転車で1時間買い物に行き、4時近くだろうか、帰宅。掃除。

あすは、もし雪が降らなければ、この近所のMさんに同行してもらい取材となる。明日の朝の最低は-2℃。道路が安全であるようにと祈る。